2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.06 (Fri)

摩天楼に抱かれて

摩天楼に抱かれて摩天楼に抱かれて
(2003/03)
遠野 春日

商品詳細を見る



小感想


嗯........嗯........為什麼我覺得遠野寫的書永遠也是小攻和小受好像吃了超強力磁石一樣, 會喜歡上對方好像大部份也是一見鍾情所以這一本也不例外. 酒店服務員水無基與VIP都筑的第一次觸電就是因為一枝酒 就這樣他們的內心便開始對對方念念不忘

老實說故事真是有點老套......而且總覺得都筑每次看著基的時候也好像大野狼看著獵物小兔子一樣而這隻不懂死字如何寫的小兔子好像十分渴望大野狼踏出最後一步把自己吃掉一樣, 不過就算故事老套我也是很想看續集
スポンサーサイト
EDIT  |  23:01  |  [BL小説]遠野春日  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。